「美肌食習慣」できれいを目指す!

「美肌食習慣」できれいを目指す!

 

 

「痩せたけどお肌の調子はなんかいまいち・・・。」

 

それは体からのSOSかもしれません。こちらのページでは、体と肌が喜ぶ食生活についてご紹介致します!

 

 

間違ったダイエットは体だけでなく肌にもよくない・・・。

 

「体重は落ちたけど肌が荒れている・・・。」

 

「痩せた、じゃなく肌がくすんでやつれて見える・・・。」

 

 

こんな経験ありませんか??

 

きれいになるためにダイエットしたのに、これでは本末転倒です。

 

では一体なにがいけなかったのでしょうか。

 

若くて健康な方は、多少ダイエットをしても、それほど肌に影響はないと思いますが、○○だけしか食わない、などの1品目だけのダイエットをすると、栄養不足になる可能性があります。

 

そういう場合は肌にニキビができたり、乾燥肌になってしまうこともあります。

 

単品ダイエットで栄養が偏ってしまうのは納得ですが、一見、体によさそうなダイエットにも落とし穴があります。

 

野菜ばかり食べていると、カロテン物質を多く摂るこになり、その結果、お肌が黄色くなることがあります。

 

ほかにも、ご飯を抜いて肉ばかりを食べる人がいますが、お肉は食べ過ぎると大腸がんのリスクが高くなる代表的な食品です。

 

さらに流行の糖質ダイエットにも怖い事実があるのです。

 

糖質制限は、始めるとすぐに体重が1〜2キロ落ちるので、健康な方ならダイエットのきっかけにするにはとてもいい方法かと思います。

 

ただ、5年以上糖質制限を続けると、寿命が短くなるとか、心血管系の疾患のリスクが高まるなど、さまざまなデータが出ているので注意が必要になります。

 

ダイエットをするなら、そういったことを知ったうえでバランスよく食事をとるのがベストかと思います。

 

忘れてならないのは、肌も体の一部ということです。そしてお肌は健康のバロメーターでもあります。体の中で調子の悪い部分があると肌にも影響が出てきます。

 

健康の基本は食生活になります。だからこそ、肌の調子が悪いなら、食生活がよくないのかも、と思って見直してみましょう!

 

ダイエットをするならとくに、健康的な食事とはどんな食事かを考えるといいですね!さらに、健康的な睡眠とは・・・、と考えながら行うようにしましょう。

 

 

健康&美肌のために食材。食品とは・・・。

 

美肌をキープしながらダイエットするにはどうすればいいのでしょうか。

 

腸内環境を整えることに加え、血糖値やコレステロール値が過剰に上がらないようにする食事が大事かと思います。おすすめは、食物繊維を意識して多くとることです。

 

食物繊維には、海藻などに多く含まれる水溶性と、ゴボウなどに多い不溶性の2種類がありますが、どちらも体に必要なものになります。

 

食物繊維とビタミン、ミネラルがいっしょに摂れる緑黄色野菜や、水溶性・不溶性の両方の食物繊維が含まれる大麦を食生活に取り入れといいですね。

 

腸内環境をよくするには発酵食品も効果的です。手軽なドリンクタイプのヨーグルトをおやつ代わりに飲むのもおすすめ。その中でもコラーゲン入りのヨーグルトが個人的にはお気に入りです。

 

美肌といえばコラーゲンの働きが重要になります。

 

ですが、コラーゲンは腸の中でアミノ酸に分解されてしまうため、効果があるかどうかわからないという説も・・・。

 

コラーゲンの研究は非常に進んでいて、腸で分解される前の段階で血液の中にコラーゲンとして取り込まれ、そこから全身に運ばれることが分かっています。

 

ですので、最近ではコラーゲンを増やすために意味があると考えられるのです。

 

女性ホルモンが減少する40代以降の方はコラーゲンを摂取すると、お肌おきれいに保てるのではないでしょうか。

 

50代以降の方はものすごく実感があるらしいです!ただ、若い方も日焼けしたあとやケガをしたあとにはコラーゲンがたくさん必要になるので、意識して摂るようにしましょう!

 

腸内環境を整えつつ、コラーゲンをプラスして、肌も体も両方きれいを手に入れましょう!

 

 

>>ヴィエルホワイトの口コミ徹底リサーチ!|TOPぺ―ジ<<